バナー

節水型がおすすめのトイレ交換

自宅のトイレを何年使っているか意識している人は少ないのですが、トイレは、10年を経過すると、故障したり不具合が出たりしやすくなるので、10年以上同じトイレを使っているなら、そろそろトイレ交換を考えることをおすすめします。トイレの寿命が10年と聞いても、我が家のトイレは、まだきれいで十分使える、と思う人が多いのですが、トイレの故障は、便器が原因になることは少なく、トイレタンクやトイレと床の接続部分、水道管やウォシュレットが故障したり、不具合を起こしたりすることが多いので要注意です。


故障しやすい部分は、毎日何回も使う部品がある部分で、10年ほどで劣化するとされています。

壊れてしまうと、水が出なくなったり、水が止まらなくなったり、つまりや水漏れで、床が水浸しになってしまいあわてることが多い部分です。


トイレ交換をするなら、節約効果が高い、節水型のトイレがおすすめです。



最近は、節水型のトイレが一般的になってきており、便器とタンク自体の価格も、発売当初よりは下がり、買い求めやすくなってきています。



節水型トイレの節約効果は高く、古いトイレに比べて、約70%もの水を節約することができるタイプもあります。


標準的な家庭で、年間一万円以上の節約効果を見込めるタイプがたくさんあるので、トイレを修理するよりも、トイレ交換をする方が割安になることもあるのです。



最近のトイレは、汚れが付きにくい工夫もされているので、トイレ掃除も楽になるというメリットがあることもポイントです。